探偵会社を探すのに迷ったらココ!損をしない探偵会社比較サイト

メニューボタン
2016年11月2日

1度目は浮気に気付くのが遅かった

会社役員だった夫は、新入社員で入って来た若い女性に懇切丁寧に仕事を教えました。男性社員には毎日細かい事で小言を言い続けているのに、女性社員には甘く、優しい上司を演じていました。

女性社員の、「部長は何時も優しい」との評判は新入社員の若い女性の耳にも届きました。新入社員の女性は毎日部長に仕事を教わる中で昼食をご馳走になるようになりました。

始めは会社の近くで、ランチをしたりお弁当を買って来て一緒に食べていました。その内、部長の秘書のような役割をこなすようになり、急接近していきました。毎日会社でほとんど一緒でした。

新入社員が入社して3ヶ月が経ち、2泊3日の社員旅行に2人とも参加しました。旅行先が外国の韓国だった事もあり、開放的になり2人は社員旅行に行った日の夜を一緒に過ごしました。他の社員も2人の関係に何となく気が付きましたが、誰もその事に触れる事なく社員旅行は終わりました。

翌日、会社に新入社員の女性が出社しなかったので、夫の部長は心配し電話をかけました。すると彼女は風邪で体調を崩していたので、仕事の帰りに彼女の家にお見舞いに行きました。その日、夫は無断外泊をし、帰って来ませんでした。

翌朝、夫から電話があり朝まで仕事をしていた、仕事のトラブルで今日も帰れないと言いました。この時はまだ何も疑っていませんでした。それから、3日経っても夫が帰って来ないので、会社に着替えを届けに行きました。すると夫は有給休暇中でした。

驚いた私は、夫の携帯にかけて今何処に居るの?会社?と平静を装って訪ねました。勿論、夫の答えは会社だよ、今会議中だから電話切るぞ、折り返しかけると言い切れました。私が電話をしたのは夫の会社の会議室からでした。

浮気してる、の言葉が頭をよぎりショックを受けた私はその日、どうやって自宅まで帰って来たのかさえ覚えていませんでした。


「2度目の浮気はたちが悪い」へ